Macの部屋 < Mac | オリジナル文章OKの挨拶状専門店 うおの印刷

うおの印刷
ホーム
サイトマップ
お客様の声
お買物ガイド
料金表
文例集
ご注文の流れ
よくある質問
お問い合わせ
送料無料・代引手数料無料
問合せ
商品を選ぶ
〜案内状〜
はがきアイコン
   法事案内状
商品を選ぶ
〜追加で!〜
うおの印刷代表 宇尾野吉友
うおの印刷 宇尾野順子
ブログ:ひとりごと2
ブログ:フォトギャラリー
印刷の歴史
カレンダー

Macの部屋

わが家にMacがやってきた!

私とMacの出会いは今から9年前、平成7年(1995年)10月13日(金曜日)、Windows95が出るちょっと前のことでした。(確かWindows95は12月発売だったと思います。)
なぜ日にちと曜日まで覚えているかというと、業者さんが「13日の金曜日、気にしますか?」って言ったのを覚えているから。
それはさておき、今まで使っていた写植機(写真植字機)が壊れて、もう写植も終わりの時代を迎え、部品もなくなり、修理ができる人も少ない、そんな状況の中で業者さんからMacを薦められました。
それでもあの時は修理代5万円を払って直したのですよ!それ以来ほとんど使っていなく、今は埃をかぶっています。

・・・ということで、写植機の代わりに使うつもりで文字と罫線が引ければいいや!という具合で資金もなかったから、業者さんには一番安いものを頼みました。
あのころはMacのマの字も知らない、コンピューターなんて全く知りませんでしたから、すべて業者さん任せ。大変いけないことです。

当時は大きな印刷屋さんがやっとMacをいれ始めたころ。
そして、OSも「漢字Talk7.5.1」なんてころ。
私のMacは「6200-72」というもの。
72というのは、クロック周波数が72KHZなんですね!
今では考えられない、最近のマシンは1000KHZを越えるものがありますから。
内蔵HDDも500MB。うわ〜〜〜〜〜っ!
メモリは16×2。32×2まで増やせるが、最初から入っている16を捨てなければならない。
メモリスロットが2つしかないし、2枚入れるなら同じのを入れなければならない。

そのかわり、周辺機器はいいものをいれてもらって、モニターは昨年、7年半の天寿を全うして新品に入れ替えました。
レーザープリンターは今でも正常に動いています。

Macとの格闘

がわが家にやって来たその日から私とMacの格闘は始まりました。
何しろ、Macを使えないと仕事にならない!
待ったなし、の状況でした。
何しろ、コンピューターを見るのも初めて、触るのも初めてでしたから初めのうちは業者さんから指導に来てもらいました。

組版ソフト:クォークエクスプレス・・・
週1回。一度にたくさん教えてもらっても覚え切れないので少しづつ、次回はわからないところを質問する形にしました。
結局1カ月くらい来てもらったでしょうか・・・
あとはマニュアルを見て独学。
毎日マニュアルを自宅に持ち帰り、夜遅くまで勉強していたのを思い出します。
しかし、写植時代に比べて、作業が3倍も早くなりました。
写植のように現像で失敗して「はい、やり直し〜〜〜〜!」ってこともなくなりました。
もう、写植なんて触りたくない!そう思いました。
Macのとりこになってしまいました。

ある日、突然ポインタが動かなくなってフリーズ状態。
強制再起動なんて知らなくて、あたふたするばかり。
業者さんに連絡するが、営業に出ていて連絡が取れず、そのときはコンセントを抜いてしまいました。
あとで連絡がついた業者さんから、「壊れるよ!」の一言。
だったら強制再起動を最初に教えてくれ!っていうの!!!

1カ月くらいでやっと何とか組版ができるようになりました。
とはいえ、使いこなせるようになるのは3カ月を過ぎたころ。
もっとも、若い子でも使いこなせるようになるのは半年かかる、って聞いていたから、35歳の私はどれくらいかかるのだろう・・・という不安がありました。
しかし、もともと機械に強く、コンピューターに興味があったので、Macと早くお友達になれたのでしょう!

残念ながらその初代Macは今から2年くらい前、当時高校生の息子の同級生のところにお嫁に行きました。
今でも元気に動いているのかな〜〜〜〜???

画像処理

さてさて、Macを入れて3年がたったころ、ものくろ画像を扱う仕事が出てきました。
画像をコピー機で拡大縮小して張り付けていましたが、倍率を調べるのにも手間がかかる。
白黒反転させる必要がある場合、版下用のカメラで作業していましたが、時間と経費がかかる、そんなこんなでフラットベットスキャナーを入れることに。

その頃は小さな画像ばかりでしたが、時々大きな画像を扱うと、メモリが足りないのと、クロック周波数が少ないのとで動きが遅い!
画像をスクロールするだけでもかなりの時間がかかりました。
イライラしながらの仕事、時間ばかりが過ぎてゆく・・・
新しいMacが欲しいな〜〜〜〜〜〜!

いつもお世話になっている、出力センターへ行った時にいろいろ情報を仕入れてきました。
ここの(現)社長はMacが大好きで、印刷屋相手の商売なので当然ながらMacばかり。
10台もあるのかな?
「G3っていうMacが出るんだって!クロック周波数が233KHZでも今までの×2だよ!早いよ〜〜〜!」
へ〜〜〜〜っ、値段が高いんだろうな〜〜〜!
「値段もそんなに高くない!」
ということで、Mac雑誌を買って調べることに!

G3Macがやってきた!

しばらくしてG3Macを入れることにしました。
パソコンショップから買ってもいいけど、メンテナンスをしてもらえないから、初代Macを買った業者さんに頼むことに。
平成10年3月の春休みの事でした。
初期のG3Mac、DT233です。
初代Macは当時小6(4月から中学生)の息子の元に。

初代Macの動きが遅かったので、新しいMacは早〜〜〜〜い!と大喜び!
雲泥の差でした。

そのDT233、今でもたくましく動いています。
まだOS8.1。OS9.2も入れてありますが、このマシンでは重たく、動きが遅い。
快適に動かないのでほとんど使っていません。

昨年、CDドライブが壊れて、どうせならと、外付けのCDーRWドライブを購入。
HDDもそろそろ危ない!壊れてからでは遅い・・・と思って、40GBの内蔵HDD購入。
今までのHDDではよくフリーズしましたが、HDDを替えてからフリーズが少なくなりました。
今までできなかったことができたり!
やっぱりHDDが悪かったのか・・・

OS8.1・・・USBが使えません。
起動できないアプリケーションもあります。
それでもOS自体が軽いので動きがいい!
通常使っているOSです。

ホームページ

Macはもともと画像処理が得意なパソコンです。
デザイナーや印刷屋が使うパソコンです。
インターネットをするためのパソコンではありませんでした。
インターネットは悲しいかな、Windowsに先を越されてしまいました。
ですから、ホームページ作成ソフトがありませんでした。
今はあることはありますが、私が使っているOS8.1で動くものはありません。
すべてOS8.5以上。

平成13年1月、息子が自分のホームページを開設。
鉄道マニアの息子は自分が撮った鉄道写真をホームページで発表。
(今では自作のゲームがホームページになっています。)
電車の連結ゲーム「LTC!」はこちら!スクリーンセーバーもあります。
(申し訳ありません、現在はこのサイト、無くなっております)

なんだか簡単にホームページが出来るみたい・・・
そんな気がして仕事のホームページを立ちあげるのを条件に平成13年4月インターネットを開設。

息子のホームページ作りは今でもHTMLを書いています。
私は・・・HTMLの書き方の本を見ながら、時には息子に教えてもらいながらHTMLを書いています・・・とは言っても、ほとんど書けません。
息子にトップページを作ってもらって、簡単な更新は出来ますが、大幅な更新はレイアウトが崩れると対処出来なくて、息子にSOS!
2ページ目以降は1ページだけ作ってもらい、あとはそれを真似して作りました。
それでもレイアウトが崩れると息子にSOSで、そんなことも解らないのか?って怒られていますが、それでも完璧にやってくれます。頼りになる息子です。
最初にスタイルシートを書かれてしまうとチンプンカンプンで・・・
難しいのはわからな〜〜〜い!

最近は新しいページを作るときは、Windows機があり、ホームページビルダーが入っていますので、これで作るときもあります。
しかし、Macへ持ってくるとレイアウトが崩れることがあるんですね!
私が使っているIE5.0はバグ(プログラムミス)持ちだそうで、他のブラウザで正常に表示させていても私のブラウザではレイアウトが崩れる場合があります。
ですから、これも息子に直してもらいます。
息子の手に掛かるとスタイルシートを書かれてしまい、タグも全部直されてしまいます。もはや私の手では更新出来ない状態に・・・・・・・・あ〜〜〜ぁ・・・・・
私ももっと勉強しないと!

息子に頼らず、私一人の力で!と言うことで。
うおの印刷IT担当者

最後に・・・

Macは本当に楽しいパソコンですね!
Windowsも使っているから言えることですが、Macのほうが断然使いやすい!
時にはごきげん斜めで私を困らせることもあるけど、Mac君、大好きです!
私の恋人です!

ディスクトップピクチャーには気に入った写真を貼り、起動するごとにランダムに写真が替わる・・・
15分ごとの時報は好きな音を入れ・・・
Macを楽しんでいます。
Mac君、いつまでも壊れないで私の恋人でいてね!

2004年6月

うおの印刷
代表  宇尾野吉友
〒959-2004 新潟県阿賀野市南安野町4-38(旧 水原町)
TEL/FAX:0250-62-2347
E-mail:info@uonoprint.com
このWebサイト及び業務内容、その他何でも結構です。
皆様のご意見・ご要望・ご質問等をお寄せください。
Copyright (C) 2001 挨拶状のうおの印刷 All Rights Reserved.