法事案内状 例文/文例 < 案内状 | オリジナル文章無料の挨拶状専門店 うおの印刷

日本全国 送料・代引手数料:無料
お問い合せは 0250-62-2347
うおの印刷
ホームサイトマップお客様の声お買い物ガイドよくある質問
料金表文例集注文の流れ納期表問い合わせ
挨拶状のうおの印刷ホームサイトマップ法事案内状>法事案内状 例文/文例
法事の案内を自分で作ろうと思ったけど、上手に作れない・・・
そんな方は、思い切ってプロに任せませんか?
法事案内状バナー
最低5枚から1枚単位でご注文いただけます!

法事案内状 例文

こちらの見本はテキストをコピーしてオリジナル文章として法事案内状注文フォームに貼付けてください。
追加料金はかかりません。
また、メモ帳等に貼り付け、ご自由に編集いただいて結構です。 (往復はがきをご希望の方で、文字数が多い場合は差出人情報を表面に記載する場合がございますので、ご了承お願いいたします)
四十九日忌(七七日忌)   新盆法要
一周忌   御塔婆を立てる場合
三回忌   ミサ   複数一緒に行う場合
お斎(食事会)無しの場合   食事会のみの場合
例文1 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様にはますますご清祥のことと存じあげます
この度 亡◯ ◯◯ の◯◯忌の法要を営みたく存じております
御多忙中恐縮ではございますがご出席を賜ります様ご案内申しあげます
なお 当日は法要の後 粗餐(または お斎)のご用意を致しております
その折 亡◯の思い出話など承れれば幸いでございます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

※「粗餐」(そさん)・「お斎」(おとき)とは法要後のお食事です
例文2 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様には益々ご健勝のことと存じあげます
さて 来る 平成◯◯年◯月◯日は
  亡◯ ◯◯ の◯◯忌にあたりますので
生前お世話になりました皆様のご来席を仰ぎ 追善の供養を相営みたく存じます
当日は法要後 心ばかりの粗餐(または お斎)をご用意いたしております
ご多用中誠に恐れ入りますが 左記によりご出席賜りますようご案内申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

※「粗餐」(そさん)・「お斎」(おとき)とは法要後のお食事です
法事案内状バナー
往復はがき料金バナー 二つ折りカードセット料金バナー 注文フォームバナー
例文3 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 益々御健勝の御事と存じあげます
さて 来る◯月◯日は
  故 ◯ ◯◯ の◯◯忌に相あたりますので
生前御厚誼を賜りました方々にお集まりいただき故人を偲び感謝の気持ちから心許りの粗餐(または お斎)を差し上げたく存じます
御多忙中誠に恐れ入りますが 左記により御来駕賜り度く御願い申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

※「粗餐」(そさん)・「お斎」(おとき)とは法要後のお食事です
例文4 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆々様にはお変わりなくお過ごしのことと存じあげます
さて このたび 亡◯ ◯◯ の◯◯忌法要をいたしたく存じます
つきましては左記のとおり相営みたいと存じますのでご多用中誠に恐縮ではございますが何卒ご臨席賜りますようお願い申しあげます
なお 当日は粗餐(または お斎)のご用意をいたしております
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

※「粗餐」(そさん)・「お斎」(おとき)とは法要後のお食事です
法事案内状バナー
料金バナー 料金バナー 注文フォームバナー
例文5 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様には益々御健勝のことと存じあげます
さて 来る ◯月◯日は
  故 ◯ ◯◯ の◯◯忌にあたりますので
生前お世話になりました皆様のご来席を仰ぎ 法要を相営みたく
誠に御多忙中恐縮に存じますが御参詣賜りますよう御願い申しあげます
なお 法要後に 別席にて粗餐(または お斎)を差し上げたいと存じます
皆様御揃いでおいで下さいますようお待ち申しております
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

※「粗餐」(そさん)・「お斎」(おとき)とは法要後のお食事です
例文6 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様には益々ご健勝のことと存じあげます
さて 来る◯月◯日は
  亡 ◯ ◯◯ の◯◯忌にあたりますので
 霊園であります ◯◯◯◯◯◯にて法要を営みたいと存じます
ご多忙中とは存じますが ご参会賜りたくお願い申しあげます
法要の後 霊園の近くの◯◯◯◯にて粗餐(または お斎)を用意しておりますので こちらへも足をおはこびいただき 故人の思い出話に花を咲かせていただければ 幸いでございます
なお 当日は平服にてお出掛けください
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

※「粗餐」(そさん)・「お斎」(おとき)とは法要後のお食事です
例文7 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様には益々ご健勝のことと存じあげます
さて 来る ◯月◯日は
  故 ◯ ◯◯ の◯◯忌にあたります
つきまして 左記日程にて心ばかりの法要を営みたく存じます
ご多用中誠に恐縮ではございますが ご出席賜れば大変嬉しく存じ ご案内申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月
法事案内状バナー
料金バナー 料金バナー 注文フォームバナー
例文11 四十九日忌(七七日忌) 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様にはご健勝のことと存じあげます
先般 故 ◯ の葬儀に際しましては一方ならぬご配慮を賜り誠に有難く厚く御礼申し上げます
さて ◯◯◯◯◯◯(←戒名が入ります)
四十九日忌(七七日忌)の法要と納骨式を相営み併せて粗餐(または お斎)を差し上げたく存じますので ご多用中恐縮でございますがご出席を賜りたくご案内申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

※「粗餐」(そさん)・「お斎」(おとき)とは法要後のお食事です
例文12 四十九日忌(七七日忌) 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 益々ご健勝のことと存じあげます
先般 亡◯の葬儀に際しましてはご丁重なるご厚志を賜りまして誠にありがとうございました
さて 早速ですが ◯月◯◯日は
  ◯◯◯◯◯◯(←戒名が入ります) の四十九日忌(七七日忌)にあたりますので
生前お世話になりました皆様のご来席を仰ぎ 法要を相営みたく またささやかではございますが供養のしるしに粗餐(または お斎)を差し上げたいと存じます
ご多用中恐縮に存じますがご出席賜りますようご案内申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

※「粗餐」(そさん)・「お斎」(おとき)とは法要後のお食事です
例文13 四十九日忌(七七日忌) 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様には益々ご健勝のことと存じあげます
先般 亡き◯ の葬儀に際しましてはご懇篤なるご厚情を賜り厚く御礼申し上げます
さて 来る ◯月◯◯日は
  故 ◯ ◯◯  ◯◯◯◯◯◯(←戒名が入ります) の四十九日忌(七七日忌)に相あたります
つきましては 生前ご親交を賜りました方々のご来臨をいただき左記の通り 法要を相営みたく また ささやかではございますが供養のしるしに粗餐(または お斎)を差し上げたいと存じます
ご多用中まことに恐縮でございますがご出席賜りますようご案内申し上げます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

※「粗餐」(そさん)・「お斎」(おとき)とは法要後のお食事です
例文14 四十九日忌(七七日忌) 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 益々御健勝の御事と存じあげます
先般 亡 ◯ ◯◯  ◯◯◯◯(←戒名が入ります)
の葬儀に際し御丁重なる御芳志を賜り厚く御礼申し上げます
早いもので◯月◯◯日は四十九日忌(七七日忌)に相あたります
つきましては左記により生前ご懇情を賜りました皆様方に御参集頂き故人を偲び感謝の気持ちから心許りの粗餐(または お斎)を差し上げたく存じます
御多忙中誠に恐れ入りますが 御来駕の程御願い申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

※「粗餐」(そさん)・「お斎」(おとき)とは法要後のお食事です
例文15 四十九日忌(七七日忌) 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 益々ご健勝のことと存じあげます
先般 亡 ◯ ◯◯ の葬儀に際しましてはご丁重なるご厚志を賜りまして誠にありがとうございました
さて 早速ですが ◯月◯◯日は四十九日忌(七七日忌)にあたりますので
生前お世話になりました皆様のご来席を仰ぎ 左記により法要・納骨を相営みたく またささやかではございますが供養のしるしに粗餐(または お斎)を差し上げたいと存じます
ご多用中恐縮に存じますがご出席賜りますようご案内申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

※「粗餐」(そさん)・「お斎」(おとき)とは法要後のお食事です
例文16 四十九日忌(七七日忌) 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様には益々ご健勝のことと存じあげます
さて 来る ◯月◯◯日は
  故 ◯ ◯◯ の四十九日忌(七七日忌)にあたりますので
法要・納骨を相営みたく ご多用中恐縮に存じますが ご出席賜りますようご案内申し上げます
法要の後 ささやかではございますが供養のしるしに粗餐(または お斎)を差し上げたいと存じます
なお厚かましい申し出ではございますが 御塔婆を立てていただけるようでしたら その旨を返信はがきにご明記ください
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

(※返信用はがきに以下が追加になります)
おそれいりますが 御塔婆を御頂戴頂ける場合には
左記にお付け頂く方のお名前をご記入ください
  御塔婆に記載する御芳名

※「粗餐」(そさん)・「お斎」(おとき)とは法要後のお食事です
※「御塔婆」とは「故人へのお手紙」です 宗教によって立てる場合がございます
法事案内状バナー
料金バナー 料金バナー 注文フォームバナー
例文20 新盆(初盆)法要 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様には益々ご健勝のことと存じあげます
このたび 故 ◯ ◯◯ の新盆(初盆)法要を左記のとおりいたしたく ささやかではございますが供養のしるしにお斎を差し上げたいと存じます
ご多用中恐縮に存じますがご出席賜りますようご案内申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

※「お斎」とは法要後のお食事です
※一周忌などと兼ねる場合は、一周忌法要等の案内文に「新盆」を追加してください。
(例:生前お世話になりました皆様のご来席を仰ぎ 一周忌および新盆法要を相営みたく・・・」

例文21 一周忌 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様には益々ご健勝のことと存じあげます
さて 来る ◯月◯◯日は
  故 ◯ ◯◯ の一周忌にあたりますので
生前お世話になりました皆様のご来席を仰ぎ 法要を相営みたく ささやかではございますが供養のしるしにお斎を差し上げたいと存じます
ご多用中恐縮に存じますがご出席賜りますようご案内申しあげます
なお厚かましい申し出ではございますが 御塔婆を御頂戴頂けるようでしたら その旨を返信はがきに御書き添え下さい
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

(※返信用はがきに以下が追加になります)
おそれいりますが 御塔婆を御頂戴頂ける場合には
左記にお付け頂く方のお名前をご記入ください
  御塔婆に記載する御芳名

※「お斎」とは法要後のお食事です
※「御塔婆」とは「故人へのお手紙」です 宗教によって立てる場合がございます
例文22 一周忌 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じあげます
さて 昨年◯月◯◯日に◯ ◯◯が他界いたしましてから
早くも一年を迎えようとしております
つきましては生前お世話になりました皆様のご来席を仰ぎ
一周忌の法要を営みたく存じます
ご多用中 誠に恐縮でございますが
ご出席賜れば大変嬉しく存じ ご案内申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月
法事案内状バナー
料金バナー 料金バナー 注文フォームバナー
例文31 三回忌 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様には益々ご清祥のことと存じあげます
◯ ◯◯が亡くなりましてからまもなく満二年目を迎えますが私共家族もようやく気持ちの整理がつき元気で暮らしております
さて この度 亡き◯の三回忌法要を左記により営みたく存じますのでご多用中恐縮ではございますが何卒ご参列ご焼香賜りますようお願い申し上げます
なお 法要後には粗餐(または お斎)を差上げたく存じますので 故人の思い出話に花を咲かせていただければ 幸いでございます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月

※「粗餐」(そさん)・「お斎」(おとき)とは法要後のお食事です
例文41 ミサ 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じあげます
さて 来る◯月◯日に
  亡 ◯ ◯◯ の◯◯忌の追悼ミサを営みたく
生前お世話になりました皆様に是非ご来席いただきたく存じます
なお ささやかではございますが ミサ後 ◯◯(場所)にてお茶会を予定しております
つきましてはご多忙中誠に恐縮ではございますが
ご参会賜りますようご案内申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月
法事案内状バナー
料金バナー 料金バナー 注文フォームバナー
例文51 複数一緒に行う場合 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様方には益々ご清祥のことと存じあげます
さて 来る ◯月◯日は 故 父 ◯◯ の一周忌
      ◯月◯日は 故 母 ◯◯ の◯回忌にあたります
つきましては左記の通り法要を営みますので ご多用中誠に恐縮に存じますがご参列くださいますようご案内申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月
例文52 複数一緒に行う場合 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様方には益々ご健勝のことと存じあげます
この度 左記に於きまして
 亡父 ◯◯の三回忌
 祖母 ◯◯の二十三回忌
 祖父 ◯◯の五十回忌  法要を営むことになりました
ご多忙中誠に恐縮ですが ぜひご出席くださいますようご案内申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月
例文53 複数一緒に行う場合 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様にはますますご清祥のことと存じあげます
この度 亡父 ◯◯ の一周忌
    祖父 ◯◯ の二十三回忌
    祖母 ◯◯ の三十三回忌 法要を営みたく存じます
なお 法要後 心ばかりの粗餐(または お斎)をご用意いたしております
ご多用中誠に恐れ入りますが 左記によりご出席賜りますようご案内申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月
法事案内状バナー
料金バナー 料金バナー 注文フォームバナー
例文61 法要後のお斎をしない場合 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様には益々ご健勝のことと存じあげます
このたび左記日程にて 亡◯ ◯◯◯◯の一周忌の法要を営むことになりました
ご多忙中誠に恐縮ですが ぜひご出席くださいますようご案内申しあげます
なお法要後のお斎は行わないことといたします
                              敬 白
  平成◯◯年◯月
例文71 法要をしないで食事会のみの場合 季語はこちら(別ウィンドで出ます)
 
謹啓 ◯◯の候 皆様には益々ご健勝のことと存じあげます
さて 来る ◯◯月◯◯日は
  故 ◯ ◯◯ の◯回忌にあたりますので
生前お世話になりました皆様のご来席を仰ぎ 故人を偲び 感謝の気持ちからお食事会を開催いたしたく存じます
ご多用中恐縮に存じますがご出席賜りますようご案内申しあげます
                              敬 白
  平成◯◯年◯月
文例を最後までご覧いただきありがとうございました。
参考になる文例がございましたでしょうか?

案内状は文字が読めればそれでいい、それだけではないですよね。
一人でも多くの方にいらしていただく為に、読んだ人にあなたの『心』が伝わることが大切です。
それには、あなたの真心を伝えるきれいなレイアウト・きれいな文字も重要な役割を果たします。

うおの印刷はそんなあなたの大切な気持ちにお応えするため、心を込めた、文章に対するアドバイス・印刷を心がけております。
開催まで日にちが少ない・・・という方にも、早いお届けが好評でございます。
うおの印刷はあなたに100%の満足をお約束いたします。

どんな些細な事でもかまいませんので、気になる事がございましたらお気軽にご連絡ください。

※オリジナル文章に関しましては、追加料金は頂いておりませんので、ご安心ください。
また、添削もいたしますが、これも追加料金は頂いておりませんので、お気軽にお申し付けください。
E-mail:info@uonoprint.com
個人で案内状を作成しようとするのは、自由な位置にレイアウトできなかったりで大変ですよね。
また、家庭用のインクジェットプリンターのインクは水に濡れると滲みます。
郵便屋さんが雨の日に配達したとき、濡れて滲む可能性があるのです。
それでは先様に失礼ですよね。
プリンターのインク代もバカになりませんよね。
思い切ってプロに任せてみませんか?
ご注文お待ちいたしております。
法事案内状バナー
往復料金バナー セット料金バナー
注文フォームバナー ページトップへ
カレンダー
ホームサイトマップお客様の声お買い物ガイドよくある質問
料金表文例集注文の流れ納期表問い合わせ
うおの印刷
代表 宇尾野吉友
〒959-2004 新潟県阿賀野市南安野町4-38
(☆白鳥の来る町☆ 旧 水原町)
TEL/FAX:0250-62-2347
E-mail:info@uonoprint.com
Copyright (C) 2001 挨拶状のうおの印刷 All Rights Reserved.